月の森俳句会

今週の10句(12月第3週)

言論の自由を叫ぶ割れ柘榴(石榴の擬人化あの口は叫びの形)

富澤秀雄

野菊ほど可憐ではなし野菊摘む(何となく突き放したような感情)

一門彰子

かなかなはかなしい声と言う女(夢二の女が偲び泣くような情景)

小西清子

新米の二合を愛でて老夫婦(二人きりになった食卓にも愛が…)

小林弘子

百日紅道を曲がれば手を振りて(去りがたい友人との別れ)

田山嘉容

おしゃべりの終りは昭和日向ぼこ(ついつい口について出る言葉は昭和)

圡田桂子

夜踏めば夜の音して落葉道(夜踏む落葉の湿りを帯びた音に微細な感覚)

中田いつ子

ルービックの色の混乱青葉雨(ルービックは難しい青葉雨が混乱を呼ぶ)

名村幸子

軟弱と見えてシャキシャキ新牛蒡(新牛蒡を食感を楽しんでいる)

西幸子

ぱぴぷぺぽと鳴く鳥のことふたりの秋(童話の世界の鳥に出逢った二人)

西田美智子