月の森俳句会

今週の十句(四月第三週)

白息が眼鏡と悪口曇らせる(アイロニーに満ちたの句)
富澤秀雄

冬薔薇や詠まねば真白なるノート(イメージを増幅)
一門彰子

根が見えぬハイドロ仕立てのヒヤシンス(流行の水栽培)
橋本昭一

起きぬけの昆布茶一服冬衣(至福の時)
古池明子

しみじみとソファにひとり節分を(安息の時間)
政野すず子

朝食のふたごの黄身や寒卵(嬉しい瞬間)
三船多美子

昭和とは厚紙切符浮寝鳥(遠き日の旅)
森川明美

あれそれと主語なき会話女正月(ユーモアの句)
山﨑よしひろ

目覚めれば今日も良き日よ月の森(挨拶句)
山口美野子

サンタの袋に明日の夢と星屑と(ロマン溢れる句)
湯川千佳子